FC2ブログ

妄想皇國

戦力外あれこれ

戦力外等になったに選手についてでも


・広
ジャクソン→年々成績が下降気味なのはきになるがまだ31だし中継ぎに不安を抱えている球団が拾ってもいいのかなとも思ったり

・ヤ
由規→結果を残せる云々は置いといて(※多分スペだから悲しいけど無理かも知れないが)地元に戻れてよかったのかなと
成瀬→フライピッチャーなのに投球スタイルも変えず東京への憧れだけで移籍した自業自得。

・巨
上原→ポストくらい用意してもよかっただろうしそれすらしなかったのは何か裏があったのではないかとさえ思ったり。あと名球会特例入会させてやってくれないかね
リャオ→台湾大好き西武が動く…らしい。モノになればでかいが
中井→横浜が動くらしい。立ち位置としては中川と右の代打を争う感じか

・横
武白志→九州出身でソフトバンクが…ないか

・中
若松→九州出身でソフt(ry

・神
西岡→とりあえずロッテ原点回帰は若手育成を理由に断られたもよう。引き取り手は…なさげかねぇ

・西
高橋、与座→育成で様子見だそうで

・ソ
寺原→ヤクルトが興味を持っているらしい。あの球団はとにかく怪我人が出るから誰でもいいからって感じだしなぁ
攝津→J的な釣りテレビ(小声)
吉村→右の代打で横浜へ原点回帰と思ったら中井に動いたのでもう…
城所→3出塁1盗塁とアピール。外野の守備固めが欲しいところが動いたらいいが。個人的には丸が抜けて中堅に野間が入るかも知れない広島に玉突き式で…?

・日
新垣→名字平均化という個人的理由でどこか獲得して欲しいと思っている

・オ
中島→巨人が動きを見せているらしい。右の代打で大金をはたくあたりはさすが金満球団の余裕といったところか
佐藤世→デメリットしかないアーム投げじゃなあ

・ロ


・楽
コラレス→トライアウトで好投していたしもしかしたら環境が変わればワンチャン…?
枡田→トライアウトで2安打とアピール。左の代打が欲しいところは動くか。これまた玉突き式で松山あるいは西川が一塁に出る機会が増えて左の代打が手薄になりそうな広島とかか…?
細川→個人的には30オーバーの捕手がいない(※来年伊藤光が30にはなるがそれでもベテランがいない)横浜に行ってコーチ兼任があってもとは思った。あとはロッテか。


スポンサーサイト
  1. 2018/11/17(土) 12:50:19|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

移籍

移籍のことについてでも。


今年FA宣言を表明したのは広島丸、オリックス西、西武浅村、西武炭谷となった


とりあえずこの4人から。


丸は巨人、ロッテが興味を持っているらしい。

巨人は例によって札束攻勢だろう。世代交代をそろそろしたい外野を若手を育てるのではなく金に物を言わせるあたり欲しい欲しいの長嶋政権下から変わってないなぁ、と。生え抜きで育つ人は育っているんだけどそれをコンスタントに出せないというのは辛い。ここ最近横浜を出る喜びじゃないけれど成績を見たら巨人に入る哀しみを感じてしまっている選手が続いているので仮に丸が巨人に移籍してもそれは戦力を削ぐための補強で終わる可能性もあるかも知れない。

一方ロッテは丸の地元が千葉という切り札を持っている。ただ資金面では巨人に劣るが。あとここ最近ロッテの成績がふるわないという点も常勝軍団と化した広島にいた丸にはどう映るかも気がかりではある。地元愛があって自分が弱い球団を強くさせてやるかという侠気があればそれはそれでパ・リーグの戦力図が分からなくなってくるのでエンタメ性という意味ではロッテかなぁとも思ったり。


西はなんとなくだけどもっと強い球団で投げたいとかそんな感じなんだろう。推測の域は出ないけど。西の地元は三重なのだが東海圏の中日はマネーゲームに勝てそうにないと手を引いたという噂は聞いたことはあったが。他には阪神、ソフトバンクあたりが動くらしい。阪神は同じ関西圏だしというのと戦力が全体的に足りてないというのが西を欲しがる理由だろうか。ただオリックスから阪神というと石嶺松永星野伸とあまりいい印象がなかったりするけどそこは大丈夫なのだろうか?

ソフトバンクはまぁパの巨人みたいなところだから出すものは惜しまないだろう。打線の援護も阪神よりかは期待できそうだし援護をもらえて西の成績が上がる可能性もそれなりにあるだろう。それよりも本音は小久保の引退試合ノーノーの恨み晴らさでおくべきかでこれまた戦力を削ぐための補強…だったりして


浅村は…何が不満なのかがイマイチつかめない。ただ、西武は『引き止め下手』で有名なのは事実である。噂の域は出ないがフロントが九索で選手に散々暴言を吐き散らした人がいたとかいなかったとか…。興味を持っているのはソフトバンクと楽天、あとはオリックスもだっけか?ソフトバンクは例によって西と同じで札束プレイだろうしオリックスは一応浅村の地元の関西圏ではある。

問題は楽天である。そりゃまあ全体的に戦力が足りてないとはいえ土地的にも縁もゆかりもないし順位的にも移籍したくなるような順位でもないのになぜ手を挙げたんだという話。西武に縁があるのなんてせいぜい岸くらいしかいないしその岸にしたって地元という移籍の理由があったが今回の浅村にはそれもない。渡辺直人が鯛を釣るための海老らしいがそんなにうまくいくのかという話でもある。確かに藤田は歳だけれどもそれだけでわざわざ弱小球団へ移るかなとも思ったり。


最後に炭谷だが割と捕手間に合っている球団多くないかと思ったり。とりあえず各球団の捕手事情を雑に書いてみると…。

広島→會澤石原体制が確立されているしそもそもFAを招き入れることなんて絶対やらない
ヤクルト→中村井野体制が一応あるにはある。井野のかわりに炭谷とも思ったが炭谷が望むのは今年の起用のされ方を考えたら正捕手だろうしだったらヤクルトに行っても正捕手になれるかと言ったら…
巨人→おまえじゃねぇ、すわってろ。よりによって巨人が炭谷を欲しがっているというから不可解である。現有戦力で炭谷と年齢も近い同タイプの守備全振りの自衛隊野郎小林がいるのに同じ自衛隊タイプの捕手を2人置いて何がしたいのか狙いが分からない。またあれか、戦力を削ぐための補強化?それよりもどうせ小林なんざ大学の頃から打撃は九索で守備型って言われていたんだからもういっそのこと開き直って打撃は諦めて打てなくていいから守備力を上げるために正捕手で使ってたまに大城を2番手捕手で使う方がよっぽどいいと思うような気もする。
横浜→今年は嶺井と伊藤光のとっかえひっかえだったがこのチームには30オーバーの捕手がいない(伊藤光が来年30にはなるが)ので老獪さを求めるのであればありなんだろうが動いてはいないっぽい?
中日→松井大野のツートップ体制なんだっけか?3つ目のどんぐりを呼んでどうするのよ。ただ伊東勤はいるが
阪神→梅野が正捕手でいるから第2捕手かなぁ。だとしたら正捕手になりたい炭谷の願いは…
ソフトバンク→今をときめく甲斐キャノンがいるし2番手でも高谷がいるし欲しがることはなさげか
日本ハム→清水を育てたいだろうし補佐役には鶴岡もいるから多分ないだろう
オリックス→若月を育てたいだろうし補佐役には山崎勝がいるし。でも山崎対炭谷だったら…?一応炭谷の地元は関西ではある。
ロッテ→田村を育てたいだろうしそうなると2番手になって正捕手になりたいという炭谷の望みは以下略
楽天→嶋も歳だし細川伊志嶺は切った。世代交代の「つなぎ」としてなら…?

  1. 2018/11/14(水) 23:59:15|
  2. 移籍
  3. | コメント:0

日シリ

2018年の日本シリーズはソフトバンクが4勝1敗1分で広島を下して日本一となった。


ソフトバンクはこれで南海ダイエー時代も入れて1959年巨人1964年阪神1999年中日2015年ヤクルト2017年DeNAとセ・リーグ相手に日本シリーズで勝っていて今回の日本一でセ・リーグ全球団から日本一になったことになる。


日本シリーズ開戦前は4勝3杯の互角の戦いになると思われていた。1戦目引き分け、2戦目広島勝ち、3戦目ソフトバンク勝ちの1勝1敗1分のところまでは互角だと思っていたが4戦目5戦目からソフトバンクは連勝してここで主導権を握り、広島はあとがなくった。6戦目再び広島に戻り地の利を活かしたかった広島だったが一度は勝ったバンデンハークを攻略できずそれも叶わずソフトバンクの日本一となった。これで広島は阪神と共に「平成の間に日本一になれなかった球団」となってしまった。


ソフトバンクがなぜ日本一になれたのか。それを考えたら「怪我の功名」なのかなと思った。今年ソフトバンクは離脱者に悩まされた。2017年勝利の方程式を担っていたサファテ、岩嵜が怪我で不在だった。その穴を中継ぎから抑えに転向した森がサファテの穴を埋め、森の穴を加治屋が埋めた。遊撃手にしても今宮が途中で離脱したところを高田や西田が埋めた。怪我の功名と被るところもあるが「柔軟性」もあったと思う。二塁手にしても右投手だったら明石に今年ブレイクし出した牧原、対左投手なら川島を起用した(※二塁が固定できなかったのは去年もそうだったけれど)、投手にしても先発失格とも言える冴えない成績の武田をシーズン終盤からロングリリーフとして起用してCS、日本シリーズもロングリリーフで投げさせることで武田に新境地を開拓させた。柔軟性で言えば不調の松田をためらいもなく外したし内川にもバントもさせた。ペナントの戦い方とCS・日シリの戦い方をはっきりと切り替えてきたとも言える。


一方広島はなぜ勝てなかったのか。それは「固執」だったのではないかと思う。固執はCSで負けた西武にも言えることなのかも知れないが。広島は普段通りの野球をしようとして負けた、嫌な言い方をすれば普段りの・ペナント同様の野球をやっても勝てると思っていたとも解釈できる。それが如実に現れたのが甲斐の前に盗塁を決められなかったことだろう。広島はペナントでは機動力という強みを生かして戦ってきた。それが逆に仇ないし枷になって「型にはめないといけない」という固定観念に囚われていたように見えた。ペナントで好調だった丸にしてもそうだ。ペナントでの貢献もあったが日本シリーズ中は不調だった。だが外す非情さはなかった、せめて打順を降格させるくらいのことはしていたら何かが変わっていたかも知れないが


そう考えたらソフトバンクは賢かった。いやずる賢かった、奸計に長けた狸だったとも言えるかも知れない。長丁場のペナントとは違って短期で決着が付くCS、日本シリーズだったからこそ早い段階で先発投手を見切って継投もできたし大胆な日替わり打線を組み替えることもできたんだと思う。思えば去年の日本シリーズのDeNA戦でDeNAが周囲の予想とは裏腹に善戦したものそういう柔軟性があったという部分はあるかも知れない(※あとはソフトバンク打線がいつまでたっても緩急を使う左投手に弱いということもあるかも知れないが。古くは帆足、武田勝に苦戦して今だと濱口や辛島にてこずっているし。そして緩急の緩を使えないゴリ押しの菊池雄星だけは唯一勝てる左投手だったわけだけど)


ただ、一つ不満を言うなら今後日本シリーズが奇策・奇襲「ありき」にはなって欲しくないということだろう。これはエンターテイメント性の問題でもあるんだけれど日本シリーズの7戦のうち何戦かは互いが正攻法で向かってくるがっぷり四つの試合も見てみたいとも思った。やっぱろ極度の「勝てばよかろうなのだ」は見ていると興がさめるというか。強いて言えば今年の日本シリーズ最終戦となった第6戦が両先発共に比較的長いイニングを投げていたのでそれに近かったとも言えなくもないが。単にわがままと言ってしまえばそこまでだし杞憂と言えば杞憂なのかも知れないが。


あとCSで負けた西武、日本シリーズで負けた広島の監督は共に佐賀県出身だった。これで佐賀県出身の監督は頑固で融通が利かないと思われなければいいのだが…。負けから学んで短期決戦には短期決戦用の柔軟性のある采配を今後やっていけたらいいなと思った。


とりあえず日本シリーズはこんな感じで

  1. 2018/11/04(日) 11:27:36|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

ドラフト

そういえばドラフトのことを書いてなかったなと(今更)遅ればせながらうだうだと書いてみる。
ちなみに今年のドラフトの結果はこちら


・広
高校生の中でも上位級の遊撃手小園を引き当てる。田中も大卒社会人で入団してきたので世代交代も考えてという意図が分かる。小園以外にも高校生内野手が目立つ指名となった。即戦力というよりかは次世代を見据えてということなんだろう多分。育成力がある球団らしいと言えばらしい。

そんな中でも毎年勝ち頭が違う先発事情を考えてか大瀬良の後輩でもある島内もしっかりと指名してきた。ただ正随は若干分からない、左翼あたりなのかとも思ったが松山バティスタの併用だろうしうーむ…。長年の課題になっている左腕砂漠という問題に関しては左投手の指名がなかったというのが回答だった。ということは現有戦力でやるということなのだろう、あるいはもう外人しか使えないと白旗を上げたということか。

とりあえずは上手くまとめたなという感じで


・ヤ
くじを2回外したのが痛かったか。清水が悪いわけではないのだが東洋大150キロトリオの梅津が2位で取れてしまったことを考えるともう少し名前の知れたところを指名してやる気アピールをしてもよかったのではないかとも思った。ただ梅津は怪我をしていたこともあるので怪我人量産球団では活躍しづらいという思惑もあったかも知れない。清水は国学院で現日ハムの杉浦と同じなのだが杉浦の二の舞にならなければいいのだが…

ドラ1以外だと2位の中山が色々と楽しませてくれそうな感じはある。大学は稲葉の後輩で法大なのだが稲葉の再来というよりかは同じ法大でもゴリマッチョ系だしG.G.佐藤感がある。ただ飛ばす力はありそうなんだけどゴリマッチョな点も考えたら池山の外野版、下手すりゃ實松の外野版になりそうなハイリスク・ハイリターン物件かも知れない。そういうところも含めて面白そうなのかな、と。個人的には打率1割台で2桁ホームランという成績に期待したい

他には左投手を2人指名したのところは賢明だったなと。中継ぎは中尾がいるからまだマシだが先発は単に怪我しないという理由で成績がよくなくても投げざるを得ないかわいそうなベテラン石川くらいしかいないわけだし。アホンダラ山田は二軍がメンバー不足にならないための存在みたいなもんだし。8位吉田は遊撃手ではあるものの三遊両方守る控えにでもなってくれたらいいんだけど。三塁も川端を一塁に回し畠山を代打にするところてんを推し進めて両者節目の1000本安打を達成したら適宜お疲れ様という形にして一三塁を若手中堅の競争の場にでもなってくれたら。

まとめるなら地味だけど世代交代を図りたい、層を厚くしたいところは理解できていたという感じか。


・巨
ここもくじを2回外したのがきつかった。最終的に1位になった高橋は知名度が低く誰てめ感は否めない。無理矢理ポジ要素を作るなら巨人で高橋という名字のサウスポーは使えるという前例が高橋一三と高橋尚成で実績があるということくらいか。

1位以外もそれで大丈夫なのかという疑問が残る指名だった。何が疑問なのかというと高卒選手の偏りである。確かに坂本に岡本と高卒生え抜きで活躍している選手もいる。だけど坂本岡本以外で2018年巨人で主力だった選手ではほぼみんな大卒ないし社会人ばっかりなのよね。

名前を挙げるなら投手だと菅野、田原、澤村、上原、中川、谷岡、野手だと小林、吉川、阿部、亀井、長野、重信、大城、田中俊彼ら全員大卒か社会人なんですわ。あとは助っ人外人か外様ね。高卒生え抜きで頑張ったのは坂本、岡本に投手の今村、CSで復調気配が見えた田口くらいしかいない。手短に言ったら育成力がないのである。

一応コーチ陣の血の入れ替えはしたけれどそれが上手くいくかどうかは未知数である。だったら育成力が付くまではおとなしく大卒や社会人の割合を高くしてもいいとは思う。そして今年のドラフトも陽長野亀井といった外野のベテランどころの年齢を考えたら外野で即戦力の中距離打者を獲得した方がいいんじゃないかなとも思った。根尾の次に外野の辰己を指名して外したが辰己だとリードオフマンタイプだった。もし辰己を当てていたらそれは「重信をモノにさせることができませんでした」という育成失敗アピールになっていたかも知れない。指名で漏れた笹川あたりを指名するのも手だったかも知れないが笹川のスカウト評の一つにオール60点の選手というのがあったし難しいところではある。

まぁそんなこんな言っても丸を調査しているなんて情報が出てくるあたりこの球団らしいというか育成という概念は薄いもしくはないのかも知れない。ドラフトでは社会人大卒中心で、FA市場でとにかく既成品を買い集めるスタイルというか。まとめるならやる気と方向性が見えないドラフトといったところだろうか。


・横
1回くじを外すものの東洋大150キロトリオの一人上茶谷を引き当てる。右投手の先発事情が井納と案の定2年目研究されて成績を落としたウィーランドと日の浅い高卒くらいしかいない層の薄さだっただけに右の先発が増えることはプラスだろう。去年のこともあったので他球団が高卒野手に気を取られているのをいいことに日体大松本の一本釣りもあるかと思ったがそれはまぁ後述で。

1位以外を見たらいまだに固定できていない二遊間という問題点を改善したいという意図は伊藤と知野から感じられた。大貫は上茶谷と同じで右の先発を厚くさせるという狙いだろう。京山、綾部が早い段階で白星を挙げたことを考えたら勝又も楽しみではある。強いて言えば中継ぎの即戦力をもう少し指名してもよかったのかなとは思った。50試合以上登板、60試合以上登板の中継ぎが多かったので疲労を分散させるという意味でも。

まとめるなら弱点が分かっていた指名だったかなと


・中
高校ナンバーワン野手の根尾を引き当てるという鬼引きがあった。チーム事情を考えても遊撃手が貧打で2番に置くことが敗退行為とさえ言われている京田なのでスペック次第では根尾が遊撃を奪える可能性はあるかも知れない。個人的には二刀流で投手専念野手専念までなら分かるがポジションにまでこだわっているところが鼻につくといえば鼻につくのだがまぁそれは実際にプロの環境に置いてから続行させるか烙印を押されるか決めたらいいか。桐蔭の先輩で平田もいるし岐阜出身だし環境的には悪くないだろうし。最大限にポジるなら1年目から一軍でそういうところがアカンねん(ボコーの人ばりに活躍するといったところだろうか。

2位には1位候補とも言われていた東洋大150キロトリオの梅津がいて充実している。ただ1位で指名されなかったというのは怪我の前科が心配されたということだろうか。そこが若干不安ではある。6位滝野は俊足が売りで引退した工藤、年齢的な下降が懸念される大島のいる外野の機動力を上げたいという狙いが分かる指名だし東海地区の出身で地域密着も忘れていないのがよかったなと思った。育成の指名はなかったものの1位から6位までに投捕内外が揃っていてバランスの取れた指名といった感じがする。

まとめるなら将来性が楽しみな指名といったところ。


・神
くじを2回外していつもの引き弱ぶりを発揮した挙げ句1位が小兵の俊足外野手なのだからたまったものではない。大山も3位でも取れたような指名とは言われたが今年開花してマシになったが下手すれば今後の展開によっては大山よりもひどいかも知れない。なにせ同じ俊足系の外野手で既に左打ちの島田がいる中で同じ左打ちの近本なのだから被らせる意図が分からない。

この球団は赤星が引退してから外野のリードオフマン育成に長いこと失敗している。柴田はハズレ、俊介は守備オンリーの人、江越は外野版實松、板山もハズレ、一発屋の高山が1年目の奮闘があったからマシにさえ思えてくる。そんな中で島田が1年目からサヨナラ打を打って辛抱強く起用したらモノになるのではないかと思った矢先にこれであるから何がしたいのか分からない。これで赤星が機動力強化のためコーチとして入閣するのであれば少しは救いがあったのかも知れないのだが…。ちなみに他の外野はある程度は打てるが高齢の糸井福留、右打ち教の後遺症が不安な中谷、守備に就かせたら実質外野が2人になることと同義の代打専の伊藤あたりがいるが多く試合に出したいのは中谷ぐらいか…。

2位3位に内野を指名したというのもタイミング的にどうなのかなと思ったり。ノリさんいわく「競争させず明け渡した」ことが問題と指摘する若返りの超改革、その影響で確かに二三遊は大山、北條、糸原、植田は皆20代である。そんな中で去年は内野手の熊谷を指名し今年もそこまで急いで内野を増やす必要性があったのかといえば疑問ではある。

4位齋藤は制球がちょっとあれかも知れないが恵まれた体格から投げられる最速152キロのストレートは魅力的だと思う。というか期待を大きく裏切ったマテオ、年齢的にしんどい藤川、救援失敗が多かったドリスのことを考えたら投手を多めに指名してもよかったのかも知れない。先発にしても奮闘はしたが年齢的にきついしんどいメッセンジャー、終盤復調気配を見せたものの久保コーチ退団でノーコンが改善されない可能性もある藤浪、もう限界の岩田と新しい投手はもっと欲しかったかも知れない。

まとめたらチグハグなドラフトだったなぁ、と。


・西
他球団が高校生に気を取られている中で大学生でドラ1候補の日体大松本の一本釣りに成功する。投手に脆さがありそれでCSを敗退した西武だけにいい指名だったし野手はある程度揃っていることから一本釣りしたというのもしたたかだった。欲を言えば菊池雄星の渡米を考えたら左の先発が欲しかったのだが今年は左投手にいい投手がいなかったといったところだろうか。

3位山野辺、7位佐藤は内野手だが今の西武の内野で出番を求めるとするならば三塁だろうか。中村がいるが年齢的なことがある。併用されていた外崎を外野に固定して中村と併用するといった感じだろうか。併用が難しいなら終盤の守備固めで中村のあとに三塁を守る感じか。

2位渡邉は浦和学院で地域密着という狙いだろうか、5位牧野と共に下でじっくり育てる感じだろう。4位粟津、6位森脇は中継ぎの強化を目的とした指名だろう。粟津は横投げでシンカーが武器なので潮崎2世になる可能性も…?

左投手の指名が少ないと書いたが育成で一人東野が左投げではある。ただ大学時代ノーコンだったので育成指名なのかなとも思ったり。あと西武特有の富士大パイプで左投手の鈴木を指名するかと思ったら指名しなかったのは予想外ではあった。結果的に楽天が8位指名したがそこまで疵があったということなのだろうか。若干気にはなった。


・ソ
くじを2回外したものの東洋大150キロトリオの1人である甲斐野の指名に成功した。甲斐野はストレートとフォークに定評があるパワータイプの救援投手である。ソフトバンクの救援陣もサファテが高齢、岩嵜が手術、今年穴を埋めた加治屋にしても来年登板過多の反動が来るかも知れない。そう考えたら甲斐野の指名は悪くはないのかも知れない。ただソフトバンクの東洋大のドラ1というと大場でしくじっているのが不安でもあるが。

1位以外を見たらロマンのある指名が結構あったなと思った。2位の杉山や6位の泉も大柄な体格から剛速球を投げるところは甲斐野と似ているといえば似ているのかも知れない。ちなみにソフトバンクには阪神時代に藤浪やメッセンジャーを使えるようにした長身右腕の育成に定評がある久保康生コーチがいるのでそれも考えたらこういうタイプの投手を多めに指名したというのも分かる。

野手にしても3位の野村、5位の水谷にしてもスラッガータイプで長打力を期待しての指名というのがうかがえる。野村は王会長と同じ早実のつながりがあり三塁を守ることから松田の後継者候補といったところだろうか。5位の水谷はナイジェリア人とのハーフで192cmの長身から大きな当たりを出す選手である。右打者で長打力を持った選手が松田、デスパイネと30代の選手しかいない(左打者なら上林が20代ではあるが)ので先を見据えたのだろう。

こうやって見るとジェレミー・クラークソンのようなドラフトにも見えるが4位板東や育成2位の岡本のようなコントロールで勝負するようなタイプも指名していて抜け目がない。ただでさえテラスのせいで狭くなったヤフオクドームでは危険な三振かホームランかという力馬鹿みたいなピッチングの投手が多いソフトバンク投手陣なだけにこういう打たせて取るタイプの投手は増えて欲しいところではある。

強いて問題点を挙げるなら二遊間守る選手を補充しておいてもよかったのかなということだろうか。曽根は広島に行ってしまい今年二塁手問題の新しい解決策として現れた牧原も怪我をしてしまい明石川島は30半ばなので目新しい選手は指名してもよかったのかも知れない。遊撃手にしても当初の指名が小園であったことを考えると新しい遊撃手が欲しかったことが伺える。今年は今宮が離脱し、穴を埋めた西田や高田にしても代役としてならまぁ…といった感じだったわけだし。二軍にいきのいい若手が育っているなら別にいいのだけど。

まとめるなら豪快さが出ている中にもさり気なく細やかさもあるバランス型といったところか。


・日
その年1番の選手を1位指名することに定評がある日本ハムが見込んだナンバーワンは根尾だった。さすがの眼力というか案の定というかそんな感じである。そして外した次に指名したのが甲子園を沸かせた吉田だった。吉田は夏の甲子園の頃は競合必須などと言われていたが昭和的な起用法から来る身体への負担もあったのか秋頃には鞍替えが目立っていた。極端な言い方をすれば地雷みたいな雰囲気も一部にあったように思う。そんな中で吉田を指名したのだからよほど育成に自信があるのだろう。

1位以外を見ても高校生、しかも甲子園で活躍した選手を多く指名してサービス精神のある(嫌な言い方をしたらミーハーな)指名だなと感じた。しかしただ注目集めのためだけに有名どころを集めたのではなくしっかりとした裏付けもあるというのが頼もしくもある。日本ハムの主だった戦力の選手を見ると高卒、大卒・社会人のバランスがいいのである。具体的には中田、近藤、中島、清水、上沢、石川等が高卒の選手である。そこから分かるように育成力の高さがうかがえる。同じ3位でも育成力もなく大卒・社会人出身の選手が多いセの球団とはえらい違いである。

そんな中唯一の即戦力が生田目である。日本通運の出身で元日ハムの武田久と一緒にプレーした経験もあり、もしかしたらその経験もプラスになるかも知れない。どちらかと言えば後ろの方を投げる感じだろうか。抑え選びに苦労した年なので武田みたく抑えになるという可能性もあるだろう。

あと今年のドラフトでついに日本ハムも育成選手の指名があった。サプライズがあるとは言っていたがケチでこれまで育成指名をしなかった日本ハムだっただけにこれが一番のサプライズではあった。何か根拠があって育成指名をしたのだとは思うがそれが何なのかは分からないけど。

まとめるとファンも喜ばせつつ育成力という裏付けがある巧者らしいドラフトだった。


・オ
1位の小園をくじで外して次に指名したのが太田だった。が、正直なところ1位で指名するほどの選手なのかと言えば疑問ではある。遊撃を守る安達が身体に不安を抱えるのでそれを考慮しての指名なのだろうが。

1位以外だと4位富山と6位左澤を指名したのが比較的よかったかな、なぜならばオリックスはいまいちパッとしない中途半端な左投手がごろごろいるだけにその打破は必要だと思っていたからである。

2位頓宮は捕手とはなっていたけれど捕一ないし一捕みたいなタイプで打力に期待という感じらしい。捕手+αの複数ポジション持ちの選手で伏見と被るのでもしかしたら頓宮の出来次第では近い内伏見の首が飛ぶかも知れないがどうなるかは何とも。右打ちで2桁ホームラン打った日本人がいなかったことを考えたら見当違いではないのだが。7位中川もなかなか固定できない二遊間をどうにかするという意味合いなのだろう。最後のPL出身なだけに活躍して欲しいところではあるけれど。

まとめるなら大きな方向性の見失いこそないものの全体的に地味といったところか。


・ロ
くじで藤原を1位指名することに成功。去年の安田と言い引きの強さはさすがといったところか。順位が上がってこない中で即戦力を上位にしないことをじっくりと構えているのか悠長なのかは判断に迷うところだが。ただ田村や平沢などは途上段階ではあるものの早い段階から起用してものになりつつはある。ロッテはその本拠地からなかなか長打力がある日本人野手が生まれにくいのが現状である。今年の井上晴哉も落合以来のロッテの日本人野手100打点に惜しくも届かなかったぐらいだしそう考えたら安田にしても藤原にしても今後の成長が大きな鍵を握りそうではある。

2位東妻は年齢的にベテラン中堅どころの年齢となった益田や内のことを考慮した救援陣の強化といったところだろうか。3位小島5位中村は相応の活躍をした左投手が松永くらいしかいなかったのでいい補充となったのではないかと思う。ただポジションの偏りが少し気になるところ。

まとめるなら将来性を考えた指名といったところだろうか。


・楽
1度くじを外したものの辰己の指名に成功した。ただ同じ6位の阪神同様リードオフマンタイプの外野手で田中が結果を残したにも関わらず同じリードオフマンタイプの外野手を指名することにどういった意図があったのかは分からない。聖澤に肩叩きでもして世代交代をはかる、オコエ田中辰己のスーパーカートリオでも作るとかだろうか?

2位の太田はどうしても名前に目が行きがちにはなるが嶋の世代交代を考えた結果であるというのは伝わってくる。3位の引地は星野元監督の同郷で体格に恵まれた右投手をエースとして育てる能力がある佐藤コーチ好みの投手でもある。5位佐藤8位鈴木で左投手も補充。ただ8位鈴木は西武が好きな富士大出身だし左投げで菊池が抜ける(であろう)西武の方がいいのではと思ったら低い順位でしかも楽天の指名となった。よほど何か問題があるのかと疑いたくもなる。6位渡辺は元横浜高校の渡辺監督の孫なのだがおそらく渡辺直人の後釜で内野の便利屋枠からのスタートだろう。8位小郷も1番バッタータイプで左打ちと辰己と被る部分がある。そこまで左打ちの外野手を増やして何がしたいのか狙いはよく分からない。

あと育成で則本の弟を指名したけどまぁ話題性枠かねぇ…

まとめるなら話題になった選手は引き当てたけど果たしてそれがチーム事情と合致しているのかといったら疑問といった感じか。




とりあえずこんな感じで。まぁ偉そうにだらだらと書いてきたけど変な裏切りとかあるんだろうなぁ…
  1. 2018/10/28(日) 18:57:18|
  2. ドラフト
  3. | コメント:0

監督コーチ人事あれこれ

まぁ色々と。ここここなんかを参考にしつつ


・広
まだ動きはないっぽい?強いて言えば新井さんは人が良いからコーチじゃなくて解説やって欲しいという個人的願望はある。


・ヤ
元西武の橋上コーチが来るそうで。橋上はデータを駆使して作戦を考えることに長けていて有能な方らしい。ただデータ偏重で煙たがられていたこともあるらしいが。仮に宮本石井橋上のトロイカ体制が成功すれば来年も今年活躍したベテランたちが怪我等で離脱したとしても若手を上手く使うことで補えるかも知れない。


・巨
第3次原政権となり村田斎藤のボンクラコンビを筆頭に12人を追い出し膿出しにも成功した。そして代わりにやってきたのが元木宮本というプロでのコーチ経験がない2人なわけだけどずいぶんと大胆な賭けに出たなという印象。元木は某ジャンクで少年野球の監督をして世界一になったという経験があることは知った。それを知らなかったらなんでタレントに成り下がった人がと思っていただろう。ただそれが反映されるかどうかは蓋を開けてみないことには分からないが。

他にも引退した村田杉内等の登用で刷新アピールも抜け目ない。結果を残す残さないは分からないにしてもビッグネームを揃えたから二軍の一時的な集客増にはつながるかも知れない。

あとは巨人を退団した川相、田代等の争奪戦だろうか。川相は中日、田代はDeNAあたりかなーと思ったり。そういや井端も退団だけどアライバコンビがコーチで再結成となったら多少の集客力になるのかね


・横
おそらく貧打の責任取りで小川が退団。自分が知る範囲内でも小川無能論が出ていただけに膿出し成功ってところか。あとは田代獲得が成功できたら…


・中
森監督の後釜として元楽天コーチの与田が就任。監督歴もなければコーチ歴も浅いのに大丈夫なのかと思ったらヘッドコーチに伊東勤を呼ぶ計画があるらしい。監督経験者が再びコーチになることを宮沢喜一が総理をやめたあと他の大臣になったことから勝手に宮沢パターンと個人的に呼んでいる。もし伊東の宮沢パターンが成功したら与田は傀儡で伊東が裏で糸を操る形になるんだろうなと思ったり。対広島戦の成績と終盤見せた粘りが新監督になっても継続できるか否かは気になるところ。もしダメなら与田監督は与太監督と呼ばれるだろう。

そして抜けたところに岩瀬等の引退した埋めてという感じか。あとは川相が再び来てくれたらありがたいが。出ていく人で気になるのは森脇がどこに行くのかは気になる。土井おじいちゃんはさすがにもう歳よね…。

というか中日のコーチ人事は両極端なのどうにかならないんかねぇ。落合監督がやめた時「落合時代のいいところは残しつつ」と言っておきながら落合閥のコーチをバッサリ切ったかと思ったら谷繁監督になった途端コーチをバッサリ切って落合閥の人を大量に雇っていて落合閥とそうじゃない派閥どちらにも優秀な人がいるだろうに。

最後に気になっていることとして中日のお家騒動が話題になると毎回出てくる立浪監督待望論だろうか。今回の与田監督がつなぎなのか星野監督の再来を狙っているかは分からないけれどもし仮にそういう流れになるとしてもコーチは挟ませておきたいところだが…


・神
矢野監督が就任後二軍コーチをそっくりそのまま一軍に上げるという暴挙に出たのが不安。その理由としては二軍コーチと一軍コーチではやることが違うというのがある。二軍コーチの仕事は若手の育成、中堅どころの再指導をして一軍に供給することである、一軍コーチの仕事は一軍にいる選手をどう使えば勝てるかというところにあるのでいきなり大量に一軍に上げるのはどうなんだって感じもする。


・西
引退した松井稼頭央が二軍監督になって潮崎がフロント入りするそうで。松井が二軍とは言えコーチじゃなくていきなり監督というところに不安視する声もあるらしいが若手の兄貴分として慕われていた性格と豊富な経験が活かせたらなとは思う


・ソ
今のところ目立った動きはないっぽい?とりあえず貧打の元凶とされている立花は切っていいと思う


・日
方針の違いで吉井コーチが退団だそうで。育成力に定評のあるコーチなので争奪戦になる可能性もあるだろうから今後は気になる。また、中嶋コーチもオリックスへ移籍となった。

気になるのは引退した矢野謙次の動向だろうか。代打で実績を残した野手がコーチになると名コーチになるというパターンは金森栄治なんかが当てはまるのでもしかしたらという期待は若干ある。


・オ
西村監督が監督として再復帰した。西村には一応日本一経験があるといってもおそらくゆくゆくはそうなるであろう田口監督までのつなぎという意味合いが強いのかも知れない。現に田口が一軍コーチに配置転換になったのも経験値積ませじゃないかと思われるし。あとは日ハムから中嶋が復帰したのがどう作用するかだろうか


・ロ
引退した根元が一軍守備走塁コーチにおさまった。金森コーチがやめてかわりに井口と同学年で元楽天の河野コーチが新たに入団となった。金森は井口より年上だったがこれで井口と年齢が近い人か年下の人が増えて仲良しクラブ化しないかが気がかりといえば気がかりではある。


・楽
平石代行監督がそのまま監督に昇格した。コーチ陣では平石と同世代の松坂世代で今年引退した小谷野と後藤武が新たに配属されることとなった。この松坂世代コレクションを見て北京五輪の星野田淵山本の仲良しクラブを思い出したのは自分だけだろうか。後藤は二軍だからそこまでべったりではないのかも知れないけれど。

そして最下位の責任取らせという意味もあるとは思うが大量退団が発表されてはいるものまだ後任が決まっていない役職もあるのでそこも気になるところではある。
  1. 2018/10/23(火) 12:00:34|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

2004年の意趣返し

パのCSは2位ソフトバンクが西武に下剋上を果たして日本シリーズ進出を決めた


思い出されるのは2004年のプレーオフ、そこの頃はまだソフトバンクもダイエーだったけれどこのプレーオフをきっかけにホークスは短期決戦で勝てない勝負弱い球団という汚名を2010年まで背負い続けていて2011年に返上した。今回のCSでソフトバンクははじめて下剋上に成功したことになる。2004年に下剋上されてそれを2018年に下剋上で返したという形にもなるけど見方によっては「自分がされて嫌だったことを相手にさせた」とも取れる嫌らしさみたいな感じもする。なにせCSが導入されて1位になって2位3位の挑戦をはねのける強さを身につけたソフトバンクだっただけに1位になってどっしりと挑戦者をはねのけることもできれば2位になっても挑戦者で勝つ力まで手に入れたら鬼に金棒じゃないですかやだもー。


余談ではあるがこのソフトバンクのCS意趣返しだがまだ「下剋上」という形では対ロッテには完了していない。5の倍数の年のリベンジは未完遂なのである。とはいえ最近のロッテが1位になれるだけの力があるかといえば「察し」なんだけど。もしかしたらペナントの段階でロッテに対して「そういう位置に来させない」ようにさせているのが最大の意趣返しといえば意趣返しなのかも知れないけれど。


話題を変えてそれではなぜソフトバンクは西武に勝つことができたのか、その要因を素人の浅知恵ではあるけれど考えてみようと思う。


ソフトバンクが西武に勝てた理由、1つ目は柔軟性だと思う。これは西武の敗因と対になっているんだけれど武田の中継ぎ起用や三塁に松田外してグラシアスなど臨機応変さが見られた。


思えばソフトバンクは今年サファテ、岩嵜を欠いた状態でのペナントで代役探しに四苦八苦して勝てないこともあったしそれが尾を引いてペナントで2位になったともいえる。しかしながらその代役探して柔軟性を身につけたようにも感じられる。サファテの穴は森が埋め、岩嵜と抑え転向した森の穴を加治屋が埋めた(サファテ岩嵜が戻る来年は中継ぎに戻る森と酷使の反動が来そうな加治屋は怖くもあるが)逆に西武は秋山や中村を打てなくても使い続けた。打てなくても使い続けることを信頼といえば聞こえはいいがその信頼が重圧になっていたのかなとも思えた。


2つ目はキーマン封じだと思う。西武側のCSのキーマンは秋山と菊池だと思っていた。


秋山は攻撃の起点でもあるし最近は20HR打てる長打力もあるから下位打線が作ったチャンスを返すという役目までできるから大変なわけで。9月27日の西武対ソフトバンク戦では8回裏秋山は決勝3ランを打っていて色々トラウマになっていたと思う。そんな中でソフトバンクの投手コーチが投手にどんな入れ知恵をさせたかは分からないが秋山はペナントでの無双ぶりはどこへ行ったのか見事に打てなくなっていた。もしかしたら短期決戦の重圧から来る自滅なのかも知れないけど。


菊池は対ソフトバンク戦初勝利するまでは西武対ソフトバンクの足枷でしかないと思っていた。しかし2018年は初勝利の一つ前の8回3失点で負けた試合あたりから菊池は何かを掴みつつあるような感じもあった。そして打線の援護等もあったけれど菊池はどうにか3失点でまとめて対ソフトバンク戦で初勝利をおさめることができた。その初勝利があっただけにソフトバンク側としても「過去の菊池ではない」という印象も芽生えて来そうなだけにCS1戦目の先発菊池はトータルで見れば無謀なんだろうけど近況だけで見たらもしや…と思ったらいつもの菊池に戻っていた、と。菊池側に自信を超えた慢心があったのか短期決戦の重圧があったのかは分からないけれど以前の菊池に戻ってしまっていた感じはあった。また、左腕対策で起用された川島の活躍も大きかった。


話は逸れるけどソフトバンク打線も決して対左腕が得意なのではなくてむしろその逆で左腕アレルギーさえあると思っている。2017年のCSで濵口を攻略できなかったしテラスがなかった頃は成瀬にも苦戦していた。でもなぜか菊池だけは打てる。その理由はソフトバンク打線が左投手の緩急に弱くて菊池が緩急の緩を使えないからではないかなとも思ったり。ストレートとスライダーの2種類で力で抑え込むというかそんな感じ。


3つ目は運かね。いきなり胡散臭くなったけれど(汗)対菊池にしても投げていたのは飛翔癖のあるバンデンハークだった。だからバンデンハークが本塁打を打たれまくるんだろうなと思った。確かにバンデンハークは本塁打こそ打たれたもののソロ2本で済んだし菊池がバンデンハーク以上に打たれたという幸運があった。他にも年齢的なこともあって下降線をたどりペナントでは冴えなかった内川を短期決戦の相性を理由に使ったのも賭けといえば賭けとも取れそうだし。


逆に西武側の敗因は何だったかと言うとソフトバンクの勝因をそのまま裏返した感じにはなるけど…


1つ目は柔軟性の欠如。今年の西武は機動力と長打力で圧勝するという「型」があってペナントではその型がはまって1位になれた。しかしCSでは臨機応変な対応力が求められて極端なことを言えばペナントでの実績すらもリセットして毎日打線を組み換えないといけなかったのかな、と。秋山が打てないと分かったら一時期試していた1番源田なんかをやってもよかったのかも知れない。


2つ目は投手力。5試合で44失点とやっぱりというか防御率パ・リーグ最下位という弱点が仇になったCSだったなと。一時期多和田も防御率4点台の最多勝投手になるんじゃないか、1985年の佐藤義則の防御率よりひどくなるんじゃないかと騒がれてたし。もっとひどいのは救援陣だろう。特に抑えを固定できなかったのが痛かった。終盤にヒースが定着しつつあったけど遅かった。中継ぎも一時期の熱烈歓迎俺達的な打たれっぷりだったし。救いは移籍した小川あたりだろうか。加えて弱り目に祟り目なのが菊池のメジャー移籍だろう。来年この14勝分をどうするかはきついだろう。


西武はこれで2年連続でCSで敗退したことになる。だからといって辻監督を安易に無能だと決めつけようとは思わない。失敗は成功の母とも言われているし去年2位だった順位を1位にしたということは失敗から何かを学んだ証だと思う(ソフトバンクの大量離脱という棚ぼた的要素もあるかもしれないが)


結論:来年は佐賀県出身監督対決が見てみたい
  1. 2018/10/22(月) 12:09:51|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

それは安直すぎやしないかという不安

色々すったもんだあったけれど阪神は矢野監督になるそうで。


ただそれで気になることがある。それが一軍のコーチだ。こともあろうに二軍のコーチ陣をそっくりそのまま一軍にあげてしまうというのだからいやいやちょっと待ってくれよ、と。


二軍コーチは二軍コーチほうがいいことだってあるんじゃないだろうか。これは決して一軍コーチが格上だから二軍コーチごときにそんなことができるのか…などということが言いたいわけではない。むしろその逆で二軍コーチの方が難しいのではないかとさえ思う。なぜならばプロに入って日が浅い若手にプロでも通用するような技術を教え込み、かつては一軍だったけどくすぶっている選手には喝を入れないといけないわけだし。だからこそ二軍コーチは二軍コーチのままでいて欲しかったと思うわけで。そして一軍に安直な昇格をしたあとで二軍コーチに誰がなるのかも分からないしどうしたもんだかね。


また安直つながりで言うと楽天コーチ陣の松坂世代コレクションも不気味ではある。まぁ不気味といっても悪い意味での不気味なんだけど。結局代行監督の平石が来年も指揮を執ることになった楽天だが平石が松坂世代ということもあって同じ世代の人間がいたらやりやすかろうという狙いなのだろうか。にしてもそれってどうなのさと思いたくもなる。監督コーチはギスギスして意思の疎通ができなくなるのもまずいが気心の知れた人間だけを置いた仲良しクラブだとなあなあになってしまうというのは割とよくある話だし。一番分かりやすいのは北京五輪あたりだろうか。


また、誰が言っていたかは忘れたけれど「自分が監督をやる時はヘッドコーチは年上の人を置くようにしている」と言っていた人がいたことを覚えている。あえて苦言を呈するお目付け役を置くことでなあなあや独断化を防ぐという意味なんだろうなと思う(※これが今でも通用するかは分からないけれど)


そういえば今年は他にも退団したコーチで有能そうな人が多いからコーチの移籍も気になるわなぁ。

  1. 2018/10/17(水) 16:54:35|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

あの頃が戻ってくるのか

阪神が久々に最下位となった。前の最下位が野村政権最終年の2001年だから17年ぶりとなる。そういえば今でも2002年星野政権1年目でいきなり6位じゃない順位になっただけでもすごいことが起きたと驚いたことを覚えている。


あれからたまに落ちる年もあったけれど基本的にはAクラスを維持して中堅どころを保ってきただけに久々にやってきたかという心境でもある。そしてまた暗黒時代に入ってしまうのかとも思いまた1985年に逃避する阪神ファンが出てくる、そんな阪神ファンの生態を見るのがちょっと楽しかったりするあたり自分は性悪なのかも知れない。


話が逸れてしまったので話を戻す。


まずなぜこのようなことになってしまったのか原因を足りない頭で考えてみようと思う。


1つ目は世代交代の失敗だろうか。これは何も2018年いきなり始まったものというよりかは前々から問題視されていったけど上手く解決できなかったツケがここに来て回ったという感じにも思える。


糸井は怪我に泣かされたしここ数年は外野守備の指標も衰えてきていたしフェードアウトの準備をしてもいいと思う
福留は40代だしそろそろ左の代打になってもいいのかも知れない
鳥谷は去年の不可解ゴールデングラブ賞があり今年はトドメが来たかという感じだった。大山が育ってきたのは救いか
西岡はあれでも切るのが遅すぎたくらいに思える
岡崎は広島白濱や元中日前田章のようなポジションの特殊性と送り出したところへのご機嫌伺いと二軍の数合わせでのうのうと生き延びて世代交代の妨げになっている感じもする。
メッセンジャーは情も入ってしまうけど100勝までは待ちたい。欲を言えば白人投手謎の100勝止まりも打ち破って欲しい
(※スタルヒンは白人ではあるけど当時の国際事情を考えたら無国籍あるいは日露の二重国籍的な感じだし…)
能見は中継ぎ転向で延命はしたが節目の100勝はしたし来年40歳になることを考えたら先はあまり長くないか
岩田は最後の登板で無援護で負けてそれが残留アピールにつながるかどうかといったところか。ばっさりといってもいいのかも知れないけれど


とまぁこのように一部を除けば整理対象にしたいロートルがごろごろいる。でも切るに切れない。それが次の理由である。


2つ目は伸び悩む若手・準若手どころだろうか。これは育成力やドラフトでの選手指名の仕方にも問題があるのかも知れないが

藤浪は相変わらずのノーコンだった。このノーコンというのが厄介で制球重視にしたらそれでいいのかと言われたらそれが角を矯めて牛を殺すことにつながることもある。ただ久々の完封をしたのでそれをきっかけに復調してくれたらいいのだが
青柳もそういえばノーコン枠だったか。ノーコンであるがゆえに狙い球を絞らせないということもあるしこれまた矯正が難しい。
才木は負け越したものの収穫といえば収穫か。負けた試合でどう負けたか、そうならないためにはどうすればいいかが分かったら一歩前進できるかも知れない
原口は起用法が悩ましい。2桁HR打った年は打てる捕手が誕生したと思ったけれど守備面に欠陥があってそこが仇になった。それならと一塁を試したら一塁手としては物足りない成績に終わってしまう。そこで代打にしたらこれが上手くいったけれど果たして代打専でいいのかと思えばまだ老け込むような年でもないような気はする。
北條は怪我が残念だった。今年は3割打っていたし過去には甲子園でHRを打つだけの打力はあるから体作りをして数こなして経験値を積ませたいところではある、怪我で言えば糸原ももったいなかった
植田は走力のアピールができたところは良かったように思える。ただ打力は現時点ではいまいちなので終盤の守備代走要員で生き残りをはかるのがいいのかも知れない。
大山は数少ない希望だろう。N's methodで何かが開眼したらしい()対横浜は好相性らしいので来年雑魚専金子千尋の打者版となって横浜を叩けば5位はあるかも…?
高山は迷走しきっていてどうしていいか分からない。1年目こそHRは少ないけれどそこそこに打って坪井系かと思ったらそれ以降はまぁ選べないわ守れないわで使いどころがない。
伊藤は正直貧打にあえぐパの球団でDHをやるか一塁コンバートを視野に入れた方がいいくらい守備が死んでいるし守備はもう伸びしろがないと思う。ただ左の代打としては多少使えるかという程度
中谷は警戒された反動と片岡の小さくまとまった打撃指導の被害者だと思う。
島田は終盤にサヨナラ打を打ってそれが自信になるか慢心になるかといった感じか


3つ目は監督コーチ陣だろうか


といってもそこまで内部事情に詳しいわけではないので片岡が糞であることくらいしか分からないけれど。あと無能なコーチほど有能アピールをしているのかとにかく残留力だけはあるから参ったものである。それと打撃コーチが揃って左打ちしかいないという歪さに対して何もしてこなかったことも問題だとは思う。あと久保をソフトバンクに出したことも地味にきつかった。


監督の采配にしても疑似広島を作りたかったというのは感じられたけどいまいちそれが達成されていなかった。若手起用はしたけれどノリさんいわく競争でベテランを負かしたのではなく明け渡したのが問題なのだそうで


4つ目はスカウトだろう。


もともと外国人を見る目はなくてたまに当たりを連れてくる扇風機型のスカウトだから自分で見つけに行くのは期待できないし控えてもいいくらい。それが無理ならせめて格安助っ人を連れて来てくれたらロサリオみたいなどん判金ドブは多少は減るかも知れない。とにかくネームバリューや過去の実績等に釣られすぎている感じが強い。マートンゴメスのまぐれ当たりを恒常的に連れて来れると勘違いしていたらそりゃもうね…。


自分の足りない頭だとこんな感じだろうか。じゃあその問題点に対してどうすればいいかをまた足りない頭から出していこうと思う。


1つ目のベテランに関しては徐々に世代交代をはかるくらいしか思いつかない。そういや契約ってどうなってるんだっけ


2つ目の若手・準若手に関してはコーチの指導法と意識の問題かねぇ。特に後者は競争を経ず自分のお気に入りを使った超変革と自分で考える力を付ける能力を養わせるための指導者だった掛布を切ったことが痛かったように思える。


3つ目の監督コーチで思うのはこの人招聘したらどうなんだろうって人はいる。

1人目は解説者の赤星。現状が赤星のデッドコピーがうようよいるし守備走塁力の強化として使えるのでは、と
2人目は前述のノリさん。大山を覚醒させたり呈した苦言も的確だし和田を呼ぶより使えるんじゃないかとさえ思ってしまう
3人目は現スカウトの久保田。ドラ1の馬場にメンタル面で助言をするところを見てちょっとコーチとして試してみたい気もする。あとは自身が無茶な起用法されただけに適切な継投とかができたらいいんだけど


4つ目のスカウトというか外人に関しては最近やってないけどパ・リーグのおさがりをもらうというやり方、あれを久々にやっていいのかなと思う。


例えば西武のメヒアとか日ハムのレアード、型落ちはするけれどオリックスをクビになったマレーロあたりか。少なくとも蓋を開けてみないことには分からない新戦力よりかはある程度結果を残しているという担保が魅力的だとは思う。


思いついただけでこんな感じかなぁ





  1. 2018/10/09(火) 10:51:39|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

無難な選択

結局高橋監督の後釜は第3次原政権となりまぁ予想の範疇だったなとそんな感じ。


以前のブログでも書いたけれど第3次原政権になったということはやはり残念なことに巨人の上層部は強いチームは「名選手かつ名監督」という川上監督の幻影に囚われたままであるということを意味するのではないだろうか。言い換えれば実利より外面である。


とはいえそんな中でも原監督になったのは少なくとも「最悪」ではないだろう。まぁ最善でもないけれど。とりあえず今後の課題となるのは捕手、一塁出身に名監督が多いことを考えたら阿部慎之助に帝王学を学ばせて次の監督の準備をさせておくことだろうか。結局上層部の連中が死にでもしない限り巨人はこのままずっと純血エリート縛りを未来永劫続けるだろうし。だったらもう純血エリート縛り適合者を監督にふさわしい人物に育て上げるしかないじゃないか、そんな感じ。


あとは諸々の世代交代か。機動力強化、救援陣強化とかそこらへん。欲を言えば無能コーチ連中の解雇もできたらいいけど気に入られ力があるだろうから難しいかね。
  1. 2018/10/05(金) 09:45:51|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

やっぱりそうなっちゃいますかそうなりますよね

高橋監督が辞任することになった。理由は成績不振とのこと。


だが高橋監督が監督に就いた、もとい就かされた経緯を考えたら責めるべきは監督にいつまでも「野手なら1500本安打以上、投手なら100勝以上という純血エリート縛り」を求め続けた巨人の上層部にもあるように思える。そもそも引退即監督という人事自体が準備もできていないのに過酷な話だというのに「日本球界の頂点たる球団は名選手かつ名将ではなくてはならない」という無駄に高い理想像をいつまでも追い求め続けた結果がこれだろう。


さて、そうなってくると気になるのは次の監督人事だろう。一応希望混じりの候補をいくつかあげてみると…


・斎藤雅樹
純血エリート縛り適合者にして引退後もコーチとして現場に居続けた実績はある。ただし現役時代はノミの心臓と言われた性格なので時として非情にならなくてはいけない監督業ができるかといったら疑問である。オカルト的な見方をしたら投手出身の監督はお山の大将だからというのもあるけれど斎藤はそんな性格でもないか。

最悪長嶋監督のように神輿に担がれた状態で他のコーチが動く形も考えたが斎藤が長嶋監督のような「この人を胴上げさせたい」と思わせるほどのカリスマ性があるかといったらまぁお察し。以上のことから監督になられては困るのだが巨人の旧態依然の体質だと誕生しかねないから困る。


・原辰徳
個人的に考えた折衷案中の折衷案。第3次原政権で「つなぎの監督」をやってもらいその間に阿部慎之助が引退、引退即監督で失敗した高橋監督の反省点をいかしてコーチを数年経て阿部監督にさせるというのが狙い。純血エリート縛りも守れて過去の実績もあるし無難だろう。あとは原のやる気次第。


・川相昌弘
もし万が一巨人の上層部が純血エリート縛りが間違いだと気づいてそれをやめるとしたら監督しているところを見てみたい人。二軍監督での実績もあるし若手の起用法もある程度は分かっているだろう。二軍監督経験者は一軍監督でも上手くやれることがあるのは今年の西武の辻監督でも証明されているので万が一が起きたら…。多分望み薄だろうけど。


・槙原寛己
純血エリート縛り適合者だが解説で楽して稼ぐことを知ってしまったから今更現場復帰するメリットは感じていないだろう


・江川卓
空白の一日でそもそも純血じゃないだろ!いい加減にしろ!


・松井秀喜
一部の脳内お花畑な人々がラリって叫んでいる松井秀喜監督論。純血エリート縛りにこそ適合はしないが他の他球団に行った人間とは違い他球団が巨人より上のメジャーであるから監督やらせてもいいじゃないというよう分からん理論と長嶋御前様のお気に入りであることから例外的に監督できるんじゃないのという期待が勝手に膨れ上がっているのが現状。

だが彼はもうアメリカの人、天上人なのでわざわざ下界に降りる必要性はないのである。強いて挙げるなら長嶋氏との仁義か。まぁ確率は激低だろう。ただ監督になったら客寄せ効果は期待できるかも。でもいい人ほど監督になって結果を残せなかったら見ていて辛いものがあるからできればアメリカで悠々自適の生活を送っていただきたい。


・桑田真澄
巨人とメジャーに属したという意味では松井と境遇は被る。引退後も割と頭脳的な解説者というポジションにいるだけに監督待望論があるしメジャー経験はあるものの松井ほどアメリカの人感はない。

ただ頭が回る分槙原同様解説で楽して稼ぐことを知ってしまった身ではわざわざ監督はやりたくもないか


・阿部慎之助
高橋監督で引退即監督は酷だというのが証明されたのに懲りずに繰り返したら巨人の上層部の知能を疑う。まさかPMなんてさせるつもりじゃないだろうね?

監督にさせたいんだったらコーチを経てからにして欲しいもの。ポジションだけ見たら捕手出身、一塁出身は名監督が生まれやすい傾向にあるので丁重に扱っていただきたいところ。


・中畑清
年齢、純血エリート縛り、もう他球団で監督やってしまったという不適合条件が揃っているのでうーん…


・篠塚和典
地味に1500本安打以上打っているし入団から引退まで巨人を貫き通したので純血エリート縛りはまぁ適合か。純血エリート縛りは4番縛りもあるという噂もあるけれど。2010年を最後に現場から離れているのが気がかりではある。コーチとしての手腕がヘボだったということか?

年齢は還暦ちょっと過ぎでギリどうにかなる。問題は地味なことか。


・村田真一
純血ではあるが安打数でエリート縛りを満たしていない。というかコーチとして何も結果を残してなくないかこの人


以上のことから導き出した結論は


理想だけどリアリティ皆無→川相昌弘
リアリティ含みの妥協案→原辰徳
辛い現実→斎藤雅樹


といったところだろうか。


そして監督をやめたあとの高橋由伸だが入団から現在に至るまで幸薄い野球人生だったのでしばらくは野球や報道からも離れて榎本喜八化させてメンタルを安定化させたい。そして念願のヤクルトの監督にでも…

  1. 2018/10/04(木) 00:00:25|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

名もなきぼんくら

Author:名もなきぼんくら

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
架空チーム (130)
架空チーム説明 (1)
架空チーム五十音別 (61)
架空チーム一ヶ月 (43)
架空チーム社会人野球会社別 (21)
架空チームその他 (2)
架空選手系 (96)
架空選手 (7)
プロ野球選手名字平均化 (89)
展望 (10)
順位予想 (2)
安仁屋算 (1)
移籍 (7)
指標系 (3)
野球その他 (4)
他 (6)
ドラフト (4)
野球雑談 (37)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

来訪者数

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する