妄想皇國

監督人事雑談2からの~

ヤクルトがようやっと連敗を14で止めたそうな。しかしまぁよう続いたもんだね大型連敗。ちなみに連敗のセ・リーグ記録は1970年のヤクルトアトムズだそうで。

まぁこうも連敗した監督を続投させたくないというのはお偉方もファンもそう思うだろうねぇ。となるとじゃあ次の監督候補は誰になるんだって話なんだけど。

前に書いた巨人ほど球団縛りはないとはいえ誰かいたかなぁとなかなか思い浮かばない。まずは球団に関係があった人から

稲葉…はWBC監督になるそうな。監督経験ナシってのがなんとなく小久保パターンっぽい。まぁ侍のコーチ経験を買われて小久保の身代わりになった、ならされたといった感じだろうか。まぁWBC監督なんて優勝確率が低い中で勝たなきゃいけない上に負けたら大バッシング、百害あって一利なしの罰ゲームなんだけどねぇ。あと報ステ出てるしヤクルトより日ハムの栗山の後釜を狙ってそうかも。

宮本…もまぁ一応一筋ではあるんだけど一旦コーチ二軍監督を経由させたいなとも。まだPL出身監督っていなかったと思うけどそれが逆に怖かったりもする。変にスパルタ政治敷いてチームを壊すんじゃないかという不安もある。

土橋…は大将ってガラじゃないか。コーチ歴もあるけど裏で支えるタイプというか。ちなみに今はフロントらしい。

現二軍監督の高津を昇格、まぁ無難な線ではあるか。ポジション論はこの際置いといて。

古田はもう解説者・タレント路線貫きそうだし。ヤクルト以外ねぇ。広澤も病気があるしそもそもコーチ歴は浅い上に結果を残せてない。

全然関係ないところから誰か呼べるかねぇ。本当はヤクルトに入りたかったパンダをお下がり…ないか。というか休ませてあげたいし。捕手あがりで谷繁…これもどうもしっくり来ない。ふと急に仁志が思い浮かんだけどどうなんだろ、プレミアムなんちゃらではコーチ歴があるらしいが。


というか監督の首をすげ替える云々よりも神宮球場の構造的問題の方がここ最近のヤクルトの「順位は怪我人次第で怪我人が少なければAクラス多ければBクラス」という安定感のなさを生み出しているようにも思える。

そもそも大学野球と併用なんかしているから芝の減りが激しくそれが怪我人の多さの一つを担っているとも考えられる。

そうなると改修・移転なんだろうが改修でどうこうなるのかは分からないよなぁ。まぁ改修はちょこちょこしてるんだろうけどそれでこれだからなぁ。移転にしたってどこか妥当なところはあるのかって話だし。

日本海側が比較的野球発展途上地域というかせいぜい玄界灘のソフトバンクくらいのもんだし増やしてもいいかなとは思ったことはある。新潟のエコスタを本拠地にしてバスの本数でも増やせばいけるんでないのと思ったけど飛行機が接続良くないらしい。特に新潟広島便がなかったんだっけか?

日本海側の夢は諦めて太平洋側、東海道新幹線の通り道のどこかにと思ったが静岡はサッカー王国兼中日の準地元だし岡山も阪神の準地元、山口は昔大洋があったんだっけか、でも球場はどうなんだろう。四国の瀬戸大橋近くも考えたけどやっぱり交通の便が良くないか。

いっそのこと多摩地区のどこかに球場をかまえるというのもいいかも知れない。過去に都内に本拠地を置いた球団は巨人日ハムの後楽園からくりとヤクルトの神宮以外にもあった。東京オリオンズの東京スタジアムや東映フライヤーズの駒沢球場なんかがそれに該当する。しかしながらこの2つも23区からは出ていない。じゃあ多摩地区に球場作ってもいいじゃないか、と。ただ候補地が思い浮かばない。多摩テックが思い浮かんだけどまだ明大とゴタゴタしてるのかね。府中の米軍のアレ…はアメリカを落とすのがハードゲームすぎる。個人的にはゴルフにいい印象がないから小金井カントリー倶楽部なんて潰しちまえなんて思ったりもするけど(過激派)

どこもあまりパッとしないならもういっそのこと本拠地は神宮と名乗りつつも本拠地分散方式なるものを取るとかか…?移動がめんどくさそうだけど。ジプシー・ロッテの移動は過酷だったと聞くし。はっきりしているのは「今低迷している原因で主たるものは怪我人が多いこと」と「怪我人が多い原因で主たるものは神宮球場がボロいこと」の二点だろう。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/23(日) 20:25:47|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

赤螺屋吝兵衛日ハム

まずはこれを見てもらいたい。


日ハム一筋の名選手は他球団と比べて少ないのである。入団から引退まで同じ球団に在籍し続けた選手をフランチャイズプレーヤーというが各チームごとのフランチャイズプレーヤー縛りで打線を組むとそれがよく分かる。

フランチャイズプレーヤーが多い(そりゃ腐っても12球団一という栄誉があるからだとは思うが)巨人と比べるとそれはもう・・・

・巨人
1:(中)柴田勲
2:(二)篠塚和典
3:(三)長嶋茂雄
4:(一)王貞治
5:(指)川上哲治
6:(右)高橋由伸
7:(遊)広岡達朗
8:(左)高田繁
9:(捕)森昌彦
投:沢村栄治

・日ハム
1:(右)毒島章一
2:(三)広瀬哲朗
3:(遊)金子誠
4:(一)田中幸雄
5:(左)西浦克拓
6:(指)岡持和彦
7:(中)石本努
8:(二)五十嵐信一
9:(捕)安藤順三
投:土橋正幸

とまぁこれだけ格差があるわけだからどれだけ日ハムのフランチャイズプレーヤーが少ないかがが分かる(※ちなみにフランチャイズプレーヤー限定だが引退後の所属までは縛っていない)

というか日ハムから出て行く日ハムの名選手が多いのである。昔の大杉勝男、張本勲から島田誠、片岡篤史、小笠原道大、ダルビッシュ有等々と錚々たるの顔ぶれである。

ではなぜこんなことになってしまったのか。推測の域は出ないが日ハムは「金をかけずに優勝したい」というドケチの思想が根付いていしまっているのではないだろうかと思ったり。

ちなみにタイトルの赤螺屋吝兵衛は落語「片棒」「味噌蔵」等に出てくる商店の主人でとにかくドケチで味噌汁にシジミが入っていたと思ってたら目玉だった、それくらい薄い味噌汁を従業員に飲ませていたというくらいケチな主人だったりする。

日ハムは確かに選手を育てるのが上手い(中にはてょみたいな例外もいるにはいるが)しかし「育ってしまった」強い選手は確かに活躍もするがその活躍に見合うだけの維持費が必要になってくるのもまた事実である。あと育成枠がないのも多分ケチの一例かも知れない。

日ハムはそれを他球団に比べて異様に嫌う。日ハムの順位推移を見ても60年代から(70年代の日拓あたりの身売りのゴタゴタの時期は仕方ないとして)現在に至るまでBクラスが長期にわたって継続したことがない。基本Aクラス常連たまにBクラスそんな感じ。しかし育て上げた主力が活躍しすぎて維持費がかかりすぎると判断して、そんな主力が複数いて一気に放出した年、つまり世代交代の境目の年ににしわ寄せが来る。それが2013年であったり今年だったりする。

そして今話題の大谷翔平だが日ハム側としてはいつものように育てるだけ育てて維持費がかかりすぎると思ったら頃合いをみはからってアメリカに売りに出そうとした矢先に大谷が怪我をしてアメリカ側が渋い顔をしている。なので今後大谷をどう扱っていくかは気になるところである。

これを生え抜きに対する愛情がないドライで冷徹な方針と捉えるか合理的と捉えるかは人によって色々だろう。確かに日ハムは生え抜きに冷たいが稲葉や新庄のように外様にも寛容なのも事実である(下り坂を見越して安く雇えるというケチな目論見もあるのかも知れないが)
  1. 2017/07/13(木) 12:12:00|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

監督人事雑談1

久々に書いてみる。というか間が空きすぎた。

珍しく書く気力が湧いてきたので監督人事についてでも書いてみることに。

監督の首が飛びそうなところや監督になりそうな人とか出てきたし色々と。

今回は巨人の監督についてでも。まぁそこが一番注目度高そうだし。

まるでフリオチが効いているとでもいうかあんなに大型補強をしといた矢先にこの順位の巨人。交流戦の13連敗なんざひどかったね。温室育ちしかいない巨人ファンはあれを「暗黒」だと言っていたのにはまるでシャーペンで突かれたことを大槍で突かれたと言ってるようなもんだよなと思って少し笑ってしまったけれど。

そもそも引退からコーチを経ずに高橋由に監督をさせること自体が酷だなぁ、現役時代は度重なる怪我もあり打撃タイトル獲れそうで獲れず入れたかも知れない名球会は入れずじまいと薄幸要素が強かった高橋がさらに薄幸になった気が。上層部のお偉いさんの圧力で渋々やらされた感じはどうしても拭えない。

この高橋監督就任で実は巨人はだいぶ思い切った決断をしている。それが「無冠監督」である。巨人はV9の川上監督から原監督まで「なにかしら打撃/投手タイトルを獲ったOB」が監督になっている。雑に紹介すると川上、長嶋、藤田、王、(長嶋)、原、名前を言ってはいけないあのお方、(原)と錚々たる顔ぶれである。そんな中高橋を監督にしたんだから名選手かつ名将を強要させる巨人にしてみたらだいぶ頑張った決断だったのかも知れんね。

そして興味深いのがタイトルを獲れなかった元巨人の選手が他球団で活躍するケースも複数あるということだ。ヤクルト西武で実績を残した広岡、西武黄金期の監督森なんかがいい例だろう。「あの」最下位以外の順位になることが他球団にとって優勝と同じくらいハードミッションな横浜を最下位じゃない順位にした、2016年以降の基礎を作ったという意味では中畑も頑張った方かも知れない。ということは高橋も他所で監督やったら…とも思ったが今はそれよりも高橋のメンタルを休めさせてやることが最優先か。

あと巨人の監督には「タイトル縛り」の他に「純血主義縛り」というめんどっちい縛りもある。早い話が入団から引退まで巨人一筋じゃないと監督にはなれない。代行監督なら川相が原がインフル患ってる時に何試合か指揮を執ってはいたけれど。


さて、そんな厄介な事情を抱えた上で次の監督候補を色々と妄想してみる。

まず一人目。現実的だけど面白味に欠ける人選。それが斎藤雅樹。

純血主義も満たしているしタイトルだってたくさん獲得している、コーチ・二軍監督歴もある。これほど無難な候補はいない。ただこの人あくまで参謀向きというか大将向きではなさそうな気もする。その理由としては一つ目に投手出身の監督はあまり大成しないということ。岡山のわし(70)とかハゲQあたりじゃないのかなまともな投手出身の監督って。わし(70)にしても北京等短期決戦に弱いって言う人は言うけど。巨人だと藤田監督はまだマシな方(※でも巨人の歴史だと優秀なつなぎの監督になってしまうという悲哀)なんだけど。まぁあれですよ、2000年代半ばのね、ミセリとかキャプラーとか(略)というわけで斎藤はそれが不利になってくる。二つ目は斎藤の性格。この人優しすぎるんじゃないかなと思うのよね。現役時代ノミの心臓と言われたこともあったわけだし。この二点が気になる。

二人目は個人的願望はあるけど無理かもっていうやつ。タイトル縛りから脱却した次は純血主義縛りから脱却してくれたら、という思いも込めて川相。

川相も晩年こそ中日に行ったけど巨人でコーチ・二軍監督の経験がある。あと内野手出身監督は投手・外野手出身よりまだ期待が持てるというのもポジ要素ではある。しかしながら体裁を気にする旧態依然主義の巨人のお偉いさんがそんな思い切った人選をするかと考えたらまぁ望みは薄いかな。高橋にしたって打撃タイトルこそないものの現役時代は中軸を打っていたスター選手なわけで歴代の巨人の監督を見ても野手なら中軸打って投手ならエースが監督をやっている。いわば三つ目の縛り「スター縛り」とでもしとくか。てなわけで最近亡くなった阪急の植田さんみたいな人を監督に起用しようなどという気は起きないだろうなと。王者たるもの全部派手でなくてはならないという固定観念にとらわれているのかなとも思ったり。だから大記録を持っていても地味なバント職人は監督にはなれないのかなと。これでまた川相が中日に戻ったらそれはそれで草生えるけど。

三人目は盲点的な人。でも多分期待薄。それが篠塚。

純血主義、タイトルあり、それでいて投手外野手ではなく内野手、コーチ歴あり。これだけ書くと篠塚っていけるんじゃないのと思いそうなものだがそうでもなかったり。篠塚の問題点として一つ目に前述のスター縛りがある。篠塚ってタイトル持ちだけど4番でHRをバカスカ打つようなタイプではない。そこがお偉いさんたちが気に入らなかったら無理だろうねという話。二つ目は指導能力。指導者実績は超有能でもなければ超無能でもない。ただノムさんの本に篠塚が「子供にバットに当たればヒットになる」みたいなことを言ってて(ノムさんが)呆れたみたいなことが書いてあったような記憶もある。まぁノムさんの言ってることも全て正しいわけじゃないし監督とポジションの関係性にしてたってそこまで絶対的なものでもないのかも知れないけど。三つ目は女癖。これは…各自お調べくださいってことで(汗)

四人目以降はその他有象無象ってことで。

松井桑田は客寄せパンダとしての効果はある程度期待はできそう。純血縛りもあるが仮に「巨人以外の国内11球団に移籍したこと」に対してであり巨人以外の11球団に移籍することが坊さんで言うところの還俗みたいな感じだという認識がお偉いさんの脳内にあったら日本よりレベルが高いメジャーでプレーしたことはこの「還俗」にはならないかも知れないので呼ぼうと思えば呼べる。ただ松井はもう「アメリカの人」だし桑田も商魂たくましいから簡単にはOK出さないかも知れない。

江川もいるけど歳なんだよなぁ。客寄せ効果も見込めるだろう。でもライバル掛布がいるし何かしらの対決の再戦を求める声もあるにはあるかも知れない。とはいえ空白のなんたらで厳密に言えば純血主義に反するしなぁ。

原の元鞘ってのもなんか収まりが悪い、中畑も歳いってるし無理はさせづらい上に他球団での監督経験が上層部はお気に召さない可能性だってある。

一番やって欲しくないのは阿部PMかね。名将が多い捕手一塁という誘惑に負けてそんなことしたら谷繁と高橋を見て何も学ばんかったんかいということになるし。でも引退即監督がどれだけ無謀かということを試すモルモットとしての高橋だったらそれはそれでなんだか残酷だよねぇ。ただ引退してコーチで経験積むというまっとうなルートを経ての阿部監督だったら…

結論としては名門であるがゆえの縛りという固定観念とどう付き合っていくかが今後の鍵って感じかねぇ。


以下余談。今更ながらカテゴリーを追加しすぎると分けるのがめんどくさくなることに気づいたので野球雑談という大雑把なカテゴリーを使うことにした。


  1. 2017/07/11(火) 18:16:27|
  2. 野球雑談
  3. | コメント:0

もし指標を知らない人にも分かりやすく解説した本があったら

という妄想。

いわゆる打率、打点等の原始的な指標からセイバー系の指標まで指標を集めて解説した本。内容としては

「その指標がどういったものか」
「その指標は数字が大きいといいのか小さいといいのか」
「その指標がいいとチームにとってどういいのか」
「その指標はどうやって出すのか(計算方法)」


また、和訳がないセイバー系の指標の関しては

「仮に和訳したらこんな感じ」

という和訳例も書く。ただし「これがその指標の和訳」という決定的な感じの表現ではなく「こういった表現とかどうですかね」みたいな一例として表現する。

みたいな本を同人誌で出せたらなぁと(そりゃまあ本格的な書籍化できたらそれが一番嬉しいっちゃあ嬉しいけど)

最後にセイバー系を過剰に持ち上げて従来からあった指標をくさす、例えば「一見すればこの選手は成績が悪いように見えるがそれは素人が表面的な見方だ。しかしこの選手はこの指標だと優秀でありそれを知っている自分は野球をよく知っている」みたいな感じで。

そうすることで野球通を気取るような連中がごく一部ではあるがいるにはいる。指標というのは他の指標をけなすために存在するものではないと思うし自分がどれだけ賢いかをひけらかすために存在するものでもないと思う。それぞれの指標に一長一短があって完全無欠の指標なんてものはないから色々な指標で多角的に選手を見るのがいいんじゃないかと思ったりするわけで。

そんな勘違い連中を駆逐するためにもこういった分からない人向けに極力やさしく書いた解説書みたいなのが出せたらいいよね、そんなお話。

  1. 2017/04/27(木) 12:14:00|
  2. 指標系
  3. | コメント:0

2017年の目標のような何か

ここに書いたことを同人誌にしたい。具体的には

・名字平均化→同じ名字の選手の成績を人数で割って、「その名字の選手に期待できる成績」を出す
・架空チームもの→五十音別チーム、1日生まれ~30・31日生まれチームなどの架空チーム、ドリームチーム

こんな感じ
  1. 2017/01/01(日) 00:31:15|
  2. 野球その他
  3. | コメント:0

大谷中田の将来とか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000002-tospoweb-base

日ハムが大谷中田のW流出の危機を迎えているそうで。

これでまず思い浮かんだのがこれ

日ハムって良く言えば合理的悪く言えば金勘定のことしか考えてないのよね。功労者に冷たい。日ハム一筋の主力級といったら田中幸、金子、岩本そして今年引退した武田勝くらいのもんだろう。まぁ下手に聖域を作らないという意味ではそういえば日ハムにはそんなのあんましいないなとも思う。余談だが某カイエンは「結局育てきれなかった」と言われるのが嫌だから切れるに切れない「呪いの装備」みたいなものだろうか。あと、稲葉とか新庄を見てると外様には優しいイメージはある。

たとえいい選手であったとしても給料が釣り上がるくらいなら出ていったほうがマシと言わんばかりの冷血非情経営。選手を育てるのが上手くて育ったら出ていくという点においては広島と似ているが広島は育てても引き止める金がないという印象はどうしてもまだある。

さて、そんな二人の移籍先だけど大谷はもう国内では敵なしだからアメリカに行って暴れてきてくださいでいいでしょうよ。元からプロ入りを経ずに渡米したいなんて言ってたわけだし。まぁあのマンガみたいな活躍を見てると海外でどこまでやれるかは実際みんな気になるだろう。

中田は打点こそ稼ぐものの30HR以上打ったのは1回だけ、打点も1・2・3番のお膳立てがあってのこともある上にオラオラ系でいい子ちゃんの大谷と比べたら欲しいと思うところはそこまで多くはなさそう。考えられるのは・・・。

広島→地元。新井が歳。ただ金があるイメージがそこまでない。同郷ソフトバンク柳田とのW入団なんてあったら夢はあるけれど。
巨人→阿部が歳。札束プレイできる財力。
阪神→元ハムの糸井がいる、金本と同郷、ゴメス切って空いた一塁、高校時代は大阪
ソフトバンク→内川が歳。札束プレイできる財力。
オリ→長いこと慢性的貧打に悩まされている。一応小谷野もいる。外人野手はハズレが多いイメージ。ただ進んで弱小に入る理由が思いつかない。


広オリは書いたけどネタみたいなもんだから実質巨神ソくらいかね。巨人入りしたら某なんとか原さんと被りまくりでネタとしては面白いかもなどと言ってみたり
  1. 2016/12/03(土) 14:09:37|
  2. 移籍
  3. | コメント:0

FAの話

雑に。


中日の二人→残るとは想像外だった。やはり金払いは重要ってことか
岱鋼感覚→出るらしい。出るならどこなんだろう。糸井が阪神前提で後釜欲しいオリか高校時代いた福岡でソフバンか
どす→出るらしい。折角チームが上向いてきた矢先のこれ。やはり金か。アフラックのCMか。
岸→出る・・・のかな?ここ最近は怪我云々でどうなんだろうか
森福→出るらしい。ワンポイントが待遇的に嫌なんだと。仮に読売行きだとして老いた山口の仕事量を戸根と分け合う感じだろうか。
糸井→今年の盗塁王がろうそく最後の輝きに100万ペリカ。愛郷心で阪神行き希望の匂いもあるがもし行ったら若手を育てた意味とは何だったのかと問いたくなる。
  1. 2016/11/08(火) 23:45:12|
  2. 移籍
  3. | コメント:0

2016ドラフトパ

ドラフトの雑なまとめ


日→田中佐々木に特攻するも外し1位堀。BIG7(戦艦じゃない)に行かず敢えての堀。まぁ武田勝引退で吉川加藤に続く左の先発が出てきてくれたらいいよねとは思ってたし理にはかなってるか。2位石井は遊撃手らしいけど田中賢介の年齢を考えたら二塁に回されパターンもあるのだろうか。6位山口は・・・やっちまったなぁ~。強引な指名でこれ拒否られるパターンかなぁ。でも拒否った挙句社会人で経験積んで上位指名されたはいいけど使えませんでしたとかだったら恥ずかしいよなぁとも思うが。

ソ→5球団競合の中ジャスティスをツモる。禿と名前が同じジャスティスだからこれはある種の運命なのだろうか。ただ怪我が気がかり。あと6球団が競合してツモった大場もトータルで見たらポンコツだったなぁ。そしてジャスティス以外は全員高校生という相変わらずの余裕っぷり。松田本多内川長谷川鶴岡高谷ここらへんみんな30代なのよね、随分とまあ余裕ぶっこいてくれるじゃないのよ。そこが今後にどう響くのやら。

ロ→田中外して佐々木をツモる。佐々木以外でもガス屋コンビは松永の舎弟だしいいとこついてるな、と。てかコバマサもガス屋だったなぁ。島も将来性があるしソフトバンクと1,2を争う成功具合ではある。ただ投手に偏りすぎているのがいただけない。もう少し内外野も入れて新陳代謝をはかろうという意気込みは見せてほしかったなとも思う。

西→BIG7のうちの一人甲子園優勝投手今井を一本釣り。個人的には富士大パイプで小野一本釣りの意表を突くプレーを見せるとばかり思っていたらそうじゃなかった。ただ西武って高卒投手、それも有名どころを育てるのは割と上手いような気がするのよね。松坂とか涌井とか。菊池は2桁勝つのに時間はかかったがものにはなってきたし、高橋ここな光成はまだ鍛えている最中ってとこだろうか。今井以外だったら中塚はえらい恵体で面白そう。源田は未だに決着のつかない遊撃手争いの一員って感じかねぇ。

楽→BIG7のうちの一人藤平を一本釣り。ここ最近は高卒好きの傾向らしい。高校が高校なだけに横浜入りしたらなぁとも思ったが。2位から4位の大学生はいわゆる素材型大学生なようで。2位の池田は名字と出身がアレなだけに岩隈の再来にでもなった日には(以下自粛)6位鶴田は準硬式からの変わり種、8位石原は小柄ながらパワーのある京都のドカベン、9位高梨はしれっと完全試合経験者と下位もクセのある指名をしてきた。ただ大量指名というと今年楽天構想外になった後藤が指名された年のオリックスのドラフトを思い出してしまい・・・。

オ→BIG7をハナからガン無視して山岡一本釣り。まぁ1位候補だし3位でも獲れたと噂されている某のぶ代よりかはいいんろうけど。決して山岡は悪くはないのよ、身長が低いこと以外は。2位黒木はコントロールがアレなので1位とまではいかないにせよ上位候補みたいな投手だそうで。7位飯田は若月伊藤の捕手ツートップ体制がある中なぜゆえとも思わんでもない。ましてや大卒社会人だし捕手にえらく飢えているところなら分からんでもないんだが。伊藤が一塁本格転向とも思ったが転向させてまでの打力でもないし。最後に個人的に一番気になるのは陽岱鋼のいとこの張奕。今年の糸井のアレはろうそくが燃え尽きる直前に見せる輝きで来年はどえらい反動が来ると思っているので期待。
  1. 2016/10/24(月) 23:56:03|
  2. ドラフト
  3. | コメント:0

2016ドラフトセ

ドラフトの雑なまとめ

広→田中佐々木の目玉に特攻するも外し1位加藤。慶応の加藤というとどうしてもヤクルトのアレを思い出す。2位3位が左投手でジョンソン以外はマトモな左がいないことは分かっているんだなぁと。4位に捕手も倉の引退で捕手が手薄になることを分かっているし安心。あと白濱がやめてくれたら文句はないぁ。5位アドゥワはロマン枠といった感じか。あとやはり広島出身を1位で指名できないのは石橋のトラウマなのかね。

巨→広島同様田中佐々木に特攻するも外すパターン。1位は吉川。二塁がなかなか固定できないことを分かっているんだなぁと。あとは全員投手、二塁以外は現状の戦力でどうにかするということだろうかポジションの偏りがどうなのかなとも思ったけど育成は投外捕とバランスがいいのね。あと7位リャオはジャイアント馬場になれる逸材とか言ってみる。

横→柳佐々木に特攻するも外す。そして1位濱口。まぁ神奈川大だし地域密着ともとれなくもないがこの濱口与四球率が5くらいあった。投げる地雷臭。左で投げる北方ないし吉川、河原隆一2世。2位水野は横投げ。木塚加賀の系譜だろうか。5位細川は投手だがプロに入ってからは野手をやるそうで、高校通算63HRだし未来の大砲ということなのかね。まぁ1位以外はそこまでひどくないような気もする。

神→まさかのサプライズで3位でも獲れたであろう大山一本釣り。確かに三塁は今の阪神のウイークポイントだし。鳥谷とあと誰だっけ今成?良太はもうポンコツだしヘイグはいつもの阪神の助っ人だし。とはいえ形だけでも田中佐々木に行かなかったのは逃げにも見えなくもないが。2位小野は富士大だから西武かなと思ったら違うネコ科だった。そして毎度の捕手コレクション。まぁ確かに鶴岡引退するけど。岡崎清水小豆畑の在庫整理でもするのかね。

ヤ→寺島一本釣り。よもや大学BIG3にあそこまで集中して高校生に人が集まらないとは。投手事情考えると左投手が石川、村中、久古くらいしかいないしなぁ。若い左投手もいないし。5位菊沢は28歳のオールドルーキー最後のハンカチ世代だそうで。ただ投手の偏りが大きいような気もする。怪我人も多いから野手ももう少しとってもよかったんじゃないかとも。

中→柳を競合の末獲得。クジに勝ったセは中日だけなのね。わし(69)から続く明大パイプってやつだろうか。2位京田は遊撃手だけど堂上弟がいるから二塁固定かそれとも弟から定位置を奪うのか。6位丸山は上位じゃないと嫌だマンと聞いたからどうなんだろうね。下位指名からでも這い上がってくる人はいるからこういうのはあまり印象よくないが。しかし平田大島が両方抜ける危険性があるのに即戦力の外野手はないのね。いくら頑張ってもあのお通夜査定じゃ出て行きたくもなるだろうにねぇ。

  1. 2016/10/21(金) 11:14:49|
  2. ドラフト
  3. | コメント:0

プレアナウンスドラフト

プレアナウンス=事前告知
1:その名字の選手に期待できる成績などの基本情報を先に告知
2:実在選手なら○○に近いなど話し合う
3:実は××という名字でした。

以下例

・野手
実働○年。利き手は基本右投げ、打席の左右はその名字の比率(○○姓なら右5で左1のような感じで)に合わせてくじ引き。
ポジション適性捕F一E外D(Aが最高Gが最低)期待できる成績(率、本、点、盗、犠打飛等)

・投手
実働○年。利き手は名字の比率に合わせてくじ引き。打席は(面倒なので)利き手と同じものとする。右投手なら右打席。左投手なら左打席。期待できる成績(登板数、勝敗SH、防御率、投球回、奪三振等)
  1. 2016/08/29(月) 11:51:47|
  2. プロ野球選手名字平均化
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

名もなきぼんくら

Author:名もなきぼんくら

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
架空チーム (128)
架空チーム説明 (1)
架空チーム五十音別 (61)
架空チーム一ヶ月 (43)
架空チーム社会人野球会社別 (21)
架空チームその他 (2)
架空選手系 (96)
架空選手 (7)
プロ野球選手名字平均化 (89)
展望 (6)
順位予想 (1)
安仁屋算 (1)
移籍 (4)
指標系 (3)
野球その他 (4)
他 (2)
ドラフト (2)
FA (0)
野球雑談 (3)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する